柏筋膜マッサージ院 バランスカイロプラクティック

手や腕、指のしびれ・痛みを柏マッサージは得意としています

手のしびれや痛みは、レントゲンやMRIなどで原因が見つからなければ『原因不明』と言われ、原因が見つかれば『骨や椎間板が神経を圧迫して痛みや痺れになる』と言われることが多い症状ですが、原因が見つかったからと言って改善する治療法がある訳ではありません。

柏で手のしびれ・痛みの治療をお探しなら

整骨院や整形外科などで手のしびれ・痛みの改善があまり見られない方は、こちらのページをぜひご一読ください。

手のしびれ・痛みの症状(種類)

痛みやしびれが強烈な場合は、まずは整形外科へ行って下さい。手の痛みやしびれですと、以下の症状を診断されるケースが多いと思いますが、病院で「治らない」と言われた症状でも、当院で改善するケースは少なくありませんのでご相談下さい。

頚椎ヘルニア

首に起こる椎間板ヘルニアはレントゲンには写らないので、診断にはMRIなどの診断が必要になります。椎間板ヘルニアに関しては、症状が出ていないので気付かない方もたくさんいらっしゃいます。
本当にヘルニアが原因で腕や手に痛みやしびれが出ている場合は、最悪手術が必要になることもありますが、病院でヘルニアと診断されても、筋肉のこりなどが原因で手の痛みやしびれが出ている場合も少なくありません。

変形性頚椎症

加齢と共に首の骨が変形し、その変形した骨が神経を圧迫する事で、腕や手のしびれや痛みを起こす症状です。これも椎間板ヘルニアと同じように、症状が出ていないので気付かない方もたくさんいらっしゃいます。
変形があっても、筋肉のこりなどが原因で手の痛みやしびれが出ている場合も少なくありませんので、まずは当院で施術を数回試して、症状の変化が見られるかどうか判断するのも選択肢の1つかと思います。

胸郭出口症候群

手や指先に向かう神経の通り道である、鎖骨や脇の下で神経が圧迫されている際に診断される症状です。

肘部管症候群

手や指先に向かう神経の通り道である、肘付近で神経が圧迫されている際に診断される症状です。

手根管症候群

手や指先に向かう神経の通り道である、手首付近で神経が圧迫されている際に診断される症状です。

頸肩腕症候群

首や腕、指先などの強い痛みがあり、原因が特定しにくい場合に診断される事が多い症状です。重度の筋肉のこりが原因であったり、様々な原因が考えられます。

テニス肘

肘を伸ばした時などに痛む症状で、「テニスをやっていないのにテニス肘と診断された」という方が多い肘の痛みです。

腱鞘炎

手首や指を動かした時に痛む症状で、基本的には疲労の蓄積(使いすぎ)で起こります。

手のしびれ・痛みの原因となる首の神経

首の骨は7本あり、その1本1本の骨の間から神経が出ています。教科書的に言いますと、それら神経が圧迫される事により、手のしびれや痛みが起こります。

首の骨の4本目と5本目の間の神経

この神経が圧迫されると、肩に近い部分に痛みやしびれ(神経痛)、感覚障害などを起こします。筋肉のこりと非常に間違えられやすい部分です。

首の骨の5本目と6本目の間の神経

この神経が圧迫されると、肘から手の親指・人差し指に痛みやしびれが起こります。

首の骨の6本目と7本目の間の神経

中指を支配する神経なので、ここが圧迫されると中指に痛みやしびれが出ます。

首の骨の7本目とその下の骨の間の神経

この神経が圧迫されると、肘から小指と薬指に痛みやしびれが起こります。

手のしびれ・痛みなら当院へご相談下さい

手のしびれや痛みは、首の神経が圧迫を受けて起こる事が多いのですが、首だけを治療して良くなるものではありません。体全体のバランスが崩れ、その結果、首に負担が掛かり手や指先のしびれになることがほとんどです。

手のしびれや痛みの治療は非常に難しい症状です。痛みと向き合い17年の当院にぜひご相談下さい。

04-7107-5585